闇金は取り立て以前に違法!弁護士に相談すべし!

お金に困っている方の中には、闇金に手を出してしまった方もいるようです。闇金は法外な利息と暴力的・脅迫的な取立てをおこない、債務者から財産を巻き上げる悪徳な金融業者です。

債務者は少しでもお金を返すために他の金融会社からお金を借りては、またその返済に追われるという悪循環を生み出してしまいます。

まず弁護士を介入させること

闇金問題を弁護士に相談

闇金と手を切るには、まずは取立てをやめさせることです。弁護士に相談して、この貸し借りの関係に弁護士を介入させることから始めましょう。弁護士が闇金業者に対して発行する「受任通知」があれば、大抵の闇金業者は取立てをストップします。

もし弁護士により刑事告発・口座凍結などの処置をとられると、闇金業者はそれ以降の運営が非常に難しくなるからです。

違法な貸付けの返還

そしてもし闇金にこれまでお金を支払っていれば、違法な利息による貸付けであるため、返還が可能です。この場合闇金業者は返還を拒絶しますが、弁護士が粘り強く対抗してくれるので、諦めずに相談する事が大切です。

昨今は闇金業者の数が減ってきており被害は減っているものの、厄介な業者が生き残っている状況です。

まずはお金を借りないことが一番ですが、引くに引けぬ状況で闇金に手を出してしまうこともあるかと思います。一人で思い悩まず、頼れる弁護士に相談しましょう。
 

ソフト闇金も違法です

闇金とは認可を受けていない違法な貸金業者のことですが、近年ではその闇金の中で「ソフト闇金」を名乗り、ホームページを使って営業を行う業者が増えてきました。

これまでの闇金はあたかも小さな消費者金融を装っていることが多かったのが、このソフト闇金はホームページでも闇金だということをハッキリ記載しています。金利や返済についての説明までしており、それでも借りたければ利用してくださいというスタンスをとっています。

もちろん金利は利息制限法を大きく上回る利率で、1週間や10日後に借りた金額の3割程度を上乗せして返済するというスタンスが多くなっており、短期間の融資だけに絞って営業を行っているのが特徴です。

利用できる金額も多くても20万円程度が上限で、このような点から、これまでの闇金とは違う”気軽に利用できる闇金”といった意味でソフト闇金と名乗っているのです。

このようなソフト闇金は少し検索をすると、簡単にいくつも見付けることができます。ですが絶対に利用してはいけません。ここまでのことから分かるように、ソフト闇金は完全な違法業者です。実際の金銭のやりとりの現場を抑えないと検挙できないだけで、ソフト闇金がホームページを展開しているだけでもかなりグレーだと言わざるを得ません。

少額を短期間だけ借りたい場合でも、このような違法業者ではなく、ブラックでも審査可能な正規消費者金融を利用することをおすすめします。